ダイアンと脂肪の関係

 

昔の低用量ピルは、服用することで肥満になる可能性も高かったそうですね。錠剤に含有されている女性ホルモンの量が多く、それによってホルモンバランスに変動が生じていたから、という理由みたいです。しかし、今では医療技術が発達し、低用量ピルの錠剤1粒に適切な量の女性ホルモンが含まれるようになったため、副作用として肥満が生じる率は、格段に下がっているのだとか。

 

しかし、ダイアンという低用量ピルだけは例外みたいです。つまり、ダイアンを服用することで、肥満になる、詳しく言うと体の脂肪が増える危険性は高いんですね。これは一体どういうことなのでしょうか?調べてみたところ、ダイアンに特有的に含まれる、酢酸シプロテロンという黄体ホルモンが原因だと分かりました。なんでも、この酢酸シプロテロンが男性ホルモンを抑制することで、体の筋肉を脂肪に変えると共に、摂取した栄養素を筋肉に還元されにくくするのだとか。

 

そのため、ダイアンを服用している間は、食事の量に気を付けたり、適度な運動を心がける必要があるんですね。そうとは言っても、あくまで避妊目的、つまりは低用量ピルとしてダイアンを服用する場合は、そこまで神経質に心配する必要は無いため、日頃から肥満傾向な人のみ注意した方が良いとのことでした。