低用量ピルで婦人病対策

婦人病としてよく知られている子宮内膜症ですが、この症状というのは普通の月経痛と非常に良く似ています。しかし、結論から言えば、月経痛と子宮内膜症との痛みとうのは少しだけことなります。
また、子宮内膜症は症状が進行するとさらに痛みが強くなり、鎮痛剤程度では収まらないくらいに激しくなります。子宮内膜症によって耐えられないくらいに激しい痛みを感じるようになると、普段の生活においても支障をきたすくらいに酷くなります。
また、意外と知られていないのですが、月経時期ではないにも関わらず、腰、下腹部に痛みを感じることがあります。症状としては子宮内膜症のある部分に表れるので、下腹部に限ったことではなく、腰周辺に痛みを感じるようになります。
痛みだけでなく不快感や吐き気を感じるようになってしまいます。症状が進行することで、日常生活もままならない状態になります。子宮内膜症が直腸付近にできると排便時にも痛みを感じるようになり、お腹を下してしまうようになります。
膀胱の近くに病巣ができた場合には膀胱炎のような症状ではあるのですが、排尿時に痛みを感じ、頻繁にトイレに行くようになります。このような症状に対してダイアンなどの低用量ピルを服用して症状の緩和を期待することができると言われています。