ダイアンは保険で買えるのか

ダイアンはアジア人の体格に合わせたホルモンの配合量となっている低用量ピルで、主に避妊を目的として使用されています。ダイアンに配合された酢酸シプロテロンは男性ホルモンに作用して、皮脂に分泌量を抑えることでニキビの予防にも役立つことから、美肌の為に使用する女性も多いようです。ダイアンは日本では認可されていない低用量ピルなので、基本的には産科、婦人科で処方されることはないのですが、一部の病院では取り扱いがあり、処方してもらえることもあるようです。ただし、ダイアンに限らず低用量ピルは、日本では避妊薬として認可されており、避妊に対しては健康保険が適応されないようになっています。ピルの中でも中用量ピルなどで、治療を目的として処方される分には、健康保険の使用が認められていますが、同じ中用量ピルを使ったアフターピルでも適応されないのことから、避妊薬としては自由診療となって、費用が全て自己負担となります。そもそも、日本ではダイアンの取り扱いのある病院が限られており、処方してくれる病院を探すだけでも大変なことになります。ネット通販では気軽に購入できますが、処方箋が要らない個人輸入となるので、どちらにしても健康保険を使った購入はできません。