ダイアンは性同一性障害治療にも

低用量ピルと言えば、避妊目的で飲むイメージが強いと思います。しかし、実際のところはそれだけでなく、生理痛の軽減や、生理時の過度な出血を抑えるために、処方される場合も多いのだとか。
低用量ピルの、受精卵の着床を防ぐために子宮内膜(これが生理時の血となったり、生理痛の原因となったりすます)の増殖を抑えるという効果は、避妊以外にも色々と有効なんですね。
しかし、ダイアンはそれ以外にも、意外な形で使用されているそうなんです。それは、男性の性同一性障害の治療です。
なんでも、ダイアンにはマーベロンやトリキュラーと違い、酢酸シプロテロンという黄体ホルモンが含有されているのですが、これが男性ホルモンを抑制するみたいなんです。
そのため、筋肉を脂肪に変えると共に筋肉をつきにくくすることで、体の女性化を促すことができるんですね。
その関係上、避妊目的でダイアンを服用している場合も、避妊効果だけでなく、体毛が薄くなったり胸が大きくなったりなどの効果が得られるみたいです。
性同一性障害の治療でも使われるくらいですから、かなり信用できると思います。それにしても、ダイアンは低用量ピルながら、こんなすごい効果を持っていたんですね。