更年期障害とダイアン

ダイアンとは女性の更年期障害である動悸や腹痛、微熱、ほてり・のぼせ、多汗、頭痛、疲労感、不眠、耳鳴り、肩こり、めまい、下痢、息切れ、便秘、しびれ、知覚過敏、筋肉痛、腰痛、性交通、生理不順、関節痛などに効果があります。またこのダイアンには男性ホルモンの活動を抑制する働きがあり避妊や多毛症の治療、バストアップ、アンチエイジング、ニキビの治療などにも効果があります。使用方法は生理が始まった一日目に服用を始めます。そしてなるべく毎日決まった時間に服用してそれを21日間続けます。21日間服用し終えたら一週間服用するのを止めます。そして次のシートに移ります。副作用があり乳房の痛みや張り吐き気や不正出血などといったことが起こる可能性があります。また使い続けることで副作用が少しずつ軽減されていきますが、人によってはなかなか軽減されない場合もあります。そういった場合は医師に相談することをお薦めします。ですがここで注意点がありダイアンの特性として血液が固まりやすくなるため、過去に血栓症を引き起こしたことがある人が使用すると再び血栓症を引き起こしてしまう可能性があるので事前に医師に相談することをお薦めします。