ダイアンを飲んでいたら太るの!?

低用量ピルの中でも、ダイアンはとりわけ、副作用として体重増加が生じる危険性が高いと聞きます。低用量ピルは、体内のホルモンバランスに変動を来す関係上、体重増加が生じる危険性も一定数付き纏うとは聞いていましたが(そうとは言っても、最近の低用量ピルは、1日分の錠剤に含有される女性ホルモンの量が厳密に調整されているため、そういった副作用の生じる可能性自体、とても低いそうです)、なぜとりわけダイアンの場合は注意しなければいけないのでしょうか?

 

その原因は、マーベロンやトリキュラーなどの他低用量ピルには含まれていない一方、ダイアンには含まれている、黄体ホルモン「酢酸シプロテロン」にあるそうです。なんでも、この酢酸シプロテロンには男性ホルモンを抑制する効能があり、詳しいことは分かりませんが、男性ホルモンが抑制されることで、筋肉が脂肪に変わると共に、新たに栄養を摂取したり運動をしたりしても、筋肉が作られにくくなってしまうのだとか。

 

つまり、太りやすいと同時に、痩せにくい体になるんですね。ただ、そうした危険性は実質、性同一性障害の治療薬として1日に3錠以上ダイアンを飲んでいる場合にしか認められないため、低用量ピルとして飲んでいる限りは心配しなくて良いそうです。