ダイアン服用中の注意・禁忌事項

ダイアンは小柄なアジア人の女性に向けて開発された低用量の経口避妊薬です。そのため、体が小さい方が服用しても体に負担が少なく副作用も軽減されています。副作用が軽減されていると言っても無いわけではありません。副作用としては嘔吐や吐き気、胃腸障害、不正出血等が挙げられます。しかし、このような副作用は飲み続けるうちに軽減されるためあまり心配はいりません。使用する上で服用を忘れてしまうと不正出血が起きやすくなるので注意が必要となります。また、タバコの服用も控えましょう。ダイアンは血栓症を引き起こしてしまう事がありますが、喫煙する事によって血栓症のリスクをさらに上げてしまいます。特に35歳以上で1日15本以上の喫煙をしている女性はダイアンの使用は禁忌とされています。また、ダイアンの禁忌事項としては血栓症の経歴がある方、妊娠または妊娠の可能性がある方、静脈あるいは動脈の血栓の危険因子を持っている方、乳がんなどの腫瘍がある方、診断未確定の膣の出血がある方は服用をしてはいけません。血栓症を発症すると命にもかかわる事がある病気なので、禁忌事項は必ず守るようにしましょう。服用出来るか気になる方はかかりつけの医師に相談してみる事も必要です。