ダイアンの偽薬の成分とは

ダイアンには21錠タイプと28錠タイプの2つにタイプに分けることができます。21錠タイプは21日間薬を飲み、その後7日間薬を飲まない期間があります。28錠タイプも同様に21日間薬を服用しますが、その後7日間プラセボ錠と呼ばれる偽薬を服用します。偽薬は薬効のなり薬の事ですが役割としては1週間薬を服用しない期間があると再開する日を忘れてしまう可能性があるため、休薬期間も服用し続けることで服用の日付管理がしやすくなるという利点があります。そのため28錠タイプは薬の服用を忘れがちな方におすすめとなります。ダイアンの偽薬の成分としては人体に影響がなりブドウ糖や乳糖が使用されています。このプラセボ錠を服用している期間に消退出血と呼ばれる生理が起こります。しかし、ダイアンを服用していると生理が飛んでしまうことや7日間以上出血が続くこともありますが気にせず休薬期間が終わったら次の薬効のある薬を飲む事が必要です。この7日間より長く期間をあけてしまうと避妊効果が低下してしまい妊娠する確率が上がってしまいます。正しくダイアンを使用することによって確実に避妊効果を得る事ができます。日にち管理が出来る方は21錠タイプをお勧めしますが、忘れがちな人は28錠タイプを服用してみましょう。