ダイアンで良くある副作用とは

 

ダイアンは低用量ピルであり、一定期間服用することで排卵を阻害して妊娠を防止する効果があります。ダイアンは他のピルに比べて男性ホルモンを抑制する効果があることから、避妊以外にもニキビやムダ毛の改善、更年期障害の軽減やアンチエイジングなどに有効です。有効成分は酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールであり、酢酸シプロテロンは男性ホルモンの活動を抑制しニキビを発生させる脂腺の活動を低下させます。エチニルエストラジオールは男性ホルモン濃度の低下と女性ホルモンのエストロゲン濃度を低下させます。様々な効果の一方で副作用もあります。中・高容量ピルと比べれば成分量が少なく、頭痛やむくみ、むかつき、下痢や便秘といった副作用は発症しづらくなっており、服用を続けることでほとんど起こらなくなっていきます。しかしながら血栓症が起きやすくなるリスクがあります。これは血液を固まりやすくする性質があるためで、病歴がある人や血栓症になりやすい体質の人は注意が必要となります。また年齢や喫煙習慣にも深く関係しており、中高年で喫煙習慣がある場合は特にリスクが高まります。また高血圧や心臓、肝臓や腎臓の疾患がある場合には服用開始前に医師の診断を受ける必要があります。