ダイアンによる不正出血について

 

ダイアンは、酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールが主な成分です。
酢酸シプロテロンは、男性の精子より作られるアンドロゲン(男性ホルモン)の影響を抑制します。
もう一つの成分であるエチニルエストラジオールは女性ホルモンの一種で、これらの成分によって妊娠を防止します。

 

ダイアンを服用すると、体内で分泌されているホルモンバランスを薬によって変えます。
そのためピルを服用したことで、それまでのバランスが崩れて、子宮内膜が破綻して出血がおきることもあります。
また、ピルの種類を変えたときにも、不正出血が起きることがありますが、これもホルモンの量が変ったことで起こるので、ダイアンのホルモンサイクルに慣れてくると自然と解消されます。

 

また、ピルの飲み忘れも、出血が発症しやすくなるので、定期的に服用するようにした方がよいです。

 

中には、服用しているだけで、精神的や肉体的疲労などで排卵が起きなくなって、出血が起きることもあります。
不正出血は、服用のための副作用なのか、または精神的な要素なのかは、医師の診察を受けないと不明なこともあるので、起こした時には病院に行った方が安心です。

 

他にも、副作用が起きることがあるので、少しでも異常が出たときには、無理をせずに病院で診察を受けましょう。